マッチンングアプリは、利用者が増えてどんどんトレンドになっていますけど、「マッチングアプリを使うのは怖い」と思っている方、結構いるみたいですね。

無理もありません。最初は誰でも怖いですよね。

特に女性の方は、何かしらの事件に巻き込まれて怖い思いをするんじゃないか・・・とか、色々不安になるかもしれません。

たしかに、殺人事件や詐欺事件など・・・実際にアプリを介して発生した事件が起きた事は事実です。

ただ、それは”出会い系サイト”・”出会い系アプリ”という、全く別なサービスです。

無料で使えたり、身分証を必要としなかったり・・・その手軽さ故に、どんな人物でも使えてしまうという無法地帯だったサービスなのです(もちろん優良サイトもありました)。

月額制をとっているマッチングアプリでは、しっかりした本人確認や24時間の運営によるアプリ内パトロールがあるので、事件なんて起きませんし真剣な利用者ばかりです。

正しいアプリを選びさえすれば、サクラや業者なども入るスキがありません。

出会い探しは怖くない!と書きましたけど、結局は事件に遭う可能性なんてインターネットを使う以上、どれも同じなんです。

ツイッターやLINEがきっかけで、事件につながったこともあります。

結果的に、すべて使い方次第なわけです。

では、こういったトラブルに巻き込まれないための知識が必要です。


tasogare.jpg


まず、安全な出会いをするためには、運営側のパトロールや取り締まりが必須です。

どのアプリにも、悪用するユーザーは存在します。それをいかに監視・排除できるかがカギとなるのです。

痛ましい事件の起きた海外製のマッチングアプリや個人運営の恋活アプリなどは、アプリ内のパトロールがきちんとできていません。サクラや業者などの悪質な利用者が多く、とてもじゃないけど利用などできません。

あとは、年齢確認ではなくて本人確認をしているかが重要になります。

年齢確認は18歳以上であれば問題がないので、年齢や性別を偽っても問題なく登録できてしまいます。

きちんと個人情報を開示しないと利用ができないということは、犯罪を犯そうとする人が個人情報を公開してまで犯行しようとは思えません。

きちんとした本人確認があると、トラブルの半数以上は避けることができるはずなのです。

もちろん、実際に会う前のメッセージで相手を見極めるのも大切です。

常識をもって利用すれば、出会い探しは怖くありません。


スポンサーサイト
[PR]