私は、出会い系創世期の1990年代後半から出会い系サイトを使っている世代です。
keitaijyosi.jpg
白黒ガラケーを駆使して、無料メル友募集サイト『スター・ビーチ』を毎日使っていました。
元祖出会い系ともいわれる「スタビ」は、目に見えて速攻で結果がでるサービスだったんですね。
メッセージを投稿するだけで、数秒・・・数分後には数人の相手から返信があるのですから・・・現在では考えられない化物サイトでした。
利用料金が一切掛からない(通信料は別)ばかりか、メールアドレスを知られることなく専用アドレスでやりとりができるシステムであったため、非常に多くの利用者がいたんですね。
普通のメール感覚でのやりとりも魅力でした。
思えば、昔はスター・ビーチ』さえ使っていれば間違いなかったので・・・ほとんど悪質サイトなんて存在してなかった時代でした。
同時進行で、キャリアの公式サービスの『エキサイトフレンズ』も使っていましたけど、コチラも使いにくいシステムながら、出会えるサイトでありました。
稲垣吾郎のいないSMAPコンサートに行ったのは、いい思い出です。
ですが、年齢制限を設けていなかったため18歳未満の中高生なども多く利用していたため、後に施行される法律によりスター・ビーチの「Friends!」掲示板が閉鎖となってしまうんですね。
これにより、『Mカフェ』などの無料サイトもサービスを終了していき、優良な無料サイトは無くなっていきました。
広告宣伝費だけで運営していた優良サイトは、潔く撤退していったんですね。
この時点で、管理が困難な無料サービスでは限界があったのです。
そうなってくると台頭してくるのが、有料だけどサービスをしっかり提供するという有料サイトが取って代わるようになってきます。
ポイント制出会い系サイトや月額固定制のサイトですね。
その流れで、現在の形となっている感じです。
私は、現在は結婚して子供もいます。
もちろん、出会いアプリで出会って結婚に至りました。

ポイント制のサイトも月額制のサイトもSNSも試しました。
結婚相談所を利用したこともあります。
失敗したこともありますけど、いずれも優良サービスを提供しているサイトでなら確かに「出会い」はあったのです。
今では「マッチングアプリ」という名称に変わっていますけど、便利なサービスには違いがありません。
コチラも参考にしてくださいね。
スポンサーサイト
[PR]