令和2年。
すなわち西暦2020年は、日本が・・いえ、世界中が新型「コロナウイルス」の猛威によって、未曾有の危機を迎えています。
人類の生存はおろか、文明や経済にも甚大な被害を及ぼす災厄です。
恐ろしいほどの感染力ゆえに、まず人と人との「接触」を防がなければならないのです。
そのためには、まず感染者に近づかないことが第一です。
未だ人類が体験したことのない脅威ゆえに、対象する術も手探りな状況です。



今なら初期費用オール0円。婚活応援サービス【ぽちゃ婚】
そんな状況で求められているのは、不要不急の外出をしないということです。
感染者がいない空間なら、この怖い病気にかかることはないのですから。
・・しかし、人には生活というものがあって、働きに出なければお金を得ることができませんよね。
また、生活に必要な物を売るサービスを提供する人がいなければ、生活に困ります。
こういう仕組みで社会は成り立っているので、現在は非常に先行きの見えない生活を強いられています。


corona wilz


そんな状況で、出会い探しなんてしていてもいいのだろうか?恋愛なんかしてる場合ではないのでは?
・・そんな事を考える人もいるかもしれません。
でも、困難な状況だからこそ助け合う存在が必要だとは思いませんか?
「コロナ離婚」なんて言葉がありますけど、実際に独りになってみたとして、どうでしょうか?
家族やペットの動物でもいい、心の拠り所になる存在は精神的な支えとなります。
もし、コロナウイルスにかかったとしても、どれだけ心強いことか。
少子化に拍車がかかり、恋愛もできない世の中に未来などありません!
何も、好きな人を探して会ってください!と推奨しているわけではありません。
こういう時だからこそ、ネットで穴場の出会いサイトやマッチングアプリを活用してみるのです。
不安だから!時間があるから!こういう時に頼りになる人を探します!と、こういう危機的状況でも、同じように考えている人はいます。
危機的状況だからこそ、繋がる出会いもあるのです。
緊急事態にこそ仲が深まる・・・いわゆる、吊橋効果というやつです。
実際に会わなくても、メールはできるし電話もできます。今では、オンラインデートというサービスもあるくらいです。

オンラインデートの使い方は対面で会話をしたり、一緒にスマホゲームをプレイしたりと様々。スマホさえあれば自宅でもできるので、外出自粛の間も利用できます。

原則は無理に動かないということがポイントです。

実際に会えなくてもメッセージや電話で仲を育むことはできます。会えないからこそ、気になる人とメッセージや電話をして気持ちを紛らわすこともできるんですよ。

このような時期だからこそ、利用者が少なく逆にチャンスなのかもしれません。お互いのお気持ちを最大限に尊重しあうことで、相性のいい人が見つかる可能性もあります。

もしあなたが、お相手と上手くいきたい!結婚したいと考えているなら、この状況を最大限に利用しましょう。

スポンサーサイト
[PR]